在宅訪問施術について

施術を希望される前に…

在宅施術をご希望の方には、必ずいちど、無料での体験施術を受けていただきます。健康保険に関する詳細は、体験施術が終わったあとに資料をお渡しします。

 

体験施術をご希望の方は「予約」ページまたはアクセスページから

お電話、またはメールでお申し込みください。

 

鍼灸で健康保険を使うためには、決められた疾患があることを確認したうえで、

お医者さんに同意書を書いてもらう必要があります。

その前に一度、体験施術をしておくとメリットが大きいため、実施させていただいております。

 

・金銭が発生する前に、どんな施術をするのか確認できる

・同じく、どんな内容が必要なのかを確認できる

・依頼書を書く際に、詳細に報告書を作ることができる

 

同意書をお医者さんに書いていただく前に体験施術を行いますので、

事前に医師の承諾は必要ありませんが、もし不安がありましたら事前に係りつけの医師にご相談ください。

 

同意書を書いていただく際に

体験施術が終わりましたら、同意書をお渡しします。

同意書を書いていただく医師は係りつけ医が理想、といわれていますが保険医でかつ定期的に診察を受けられている医師であれば特に問題はありません。

 

また、同意書をいただく際には、必ず本人が診察を受ける必要があります。

そのため、診察予定日から1週間以内に体験施術を受けていただくようお願いしております。以前までは代理で書類提出をしていましたが、トラブルが多発しているためかルールそのものも変わってしまったようです。(詳しい事情は知りませんが…)

 

開始までの一連の流れ

お申し込みから施術の開始まで、一連の流れをご説明します。

 

・体験施術の申し込みをする

・日程を決定する

・施術を行う

・健康保険の適用であれば、依頼書を記入し、同意書をお渡しします

・医師の診察を受けてもらい、同意書に記入をしてもらう。

※その場で書いていただける先生もいれば、病院の規定により2週間後になったり、

次回の診察時に渡されることもあります。

・同意書を記入してもらった時点で、保険施術が可能となりますので、

 開始日を決めるためにご連絡をください。

・施術開始

 

こんな感じです。不明な点や分かりにくいことがあればお手数ですがご連絡くださいませ。

体験施術、健康保険施術についての注意事項

無料での体験施術は、お一人での外出が難しい方を対象にした、健康保険を使って行う前提の在宅施術サービスです。そのため、お申し込みには条件を設けさせていただいております。

 

以下の方には体験施術ならびに在宅訪問施術をご遠慮していただいておりますので

ご了承をお願いいたします

 

・お独りで、補助具なしの外出が可能な方

・特に施術をお望みでない方

 

また、健康保険適用の条件であっても、下記の内容をお守りいただくよう重ねてお願い申し上げます。

 

・週2回以上の施術

→保険施術は数をこなす必要性があると判断されての安価であるという前提であり、

 介護サービス等で多忙であったとしても必ずお願いしています。

 

・ご本人の希望とご家族の希望を一致させること

→ご家族がADL向上を望んでいても、本人は全く違うことを望むケースがほとんどです。施術を受ける前に、一度双方でご相談して、同じ方向を向いていただくか、施術を受けるご本人の意思を尊重していただければと思います。

 

・過度なサービスや結果を期待しない

→過去の例を挙げると、「1時間以上もみほぐしてほしい」「寝ているだけで元気に歩けるようにするのがあなたの仕事」ということがありましたので。健康保険を使って慰安施術を行うことは法律上禁止されていますし、動かす気のない他人の体を、触れずに動かすことは私にはできません。よろしくお願いします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

電話でのご予約はこちらをタップ!